在宅ワークの種類について

在宅ワークの主な種類

在宅ワークというのは、読んで字の如く自宅で仕事をすることをいいますが、
もちろん自営業という意味ではありません。

 

形態としては、業務委託に近いかと思います。

 

委託する側は法人だけでなく、個人の場合もあり、
請け負った側が自宅で作業を行うことを在宅ワークと言っています。

 

在宅ワークの種類は多様化していて、
パソコンがまだ普及していなかった昔は宛名書きや封筒詰め、
簡単な加工・製作などが主でしたが、
パソコンやiPadが一人一台になりつつある今、
在宅ワークというとパソコンを使った業務の印象が強くなっています。

 

自宅でパソコンを使って行う作業の種類は
時の経過とともに新しい分野が追加されていっている状況で、
得意分野を生かした在宅ワークが可能になりました。

 

在宅ワークの種類は少なく見積もっても優に50種類を超えるのです。

 

そのうち、パソコンスキルを特に必要とするものはHP作成やSEO、
Flashの作成などのWebデザインや、
建築関係ではCAD、印刷関係ではDTPなど、
専門家でなければできない種類の在宅ワークも増えてきています。

 

その反面、特にパソコンスキルを必要としない、
ブログ記事の作成などのライティングやデータの収集の仕事が急増していて、
主婦を中心に人気があります。

 

在宅ワークでこんな仕事があるのかと思われる種類のものもあります。

 

変わったところでは、
占い師やカウンセラーなども在宅ワークのカテゴリーに入ってきていますし、
クリエイティブでは絵本作家やデザイン、写真撮影、作曲、音響技術などもあります。

 

パソコンスキルを必要としなものの専門知識を要する仕事としては
翻訳、貿易事務、税理士、司法書士、行政書士、建築士、経営コンサルなどが加わり、
副業としての選択肢がこの数年急激に増えてきているのが現状です。

 

SOHOのサイトも複数あり、
最早在宅ワークと言う名の求人サイトと化しているようです。

 

これだけ在宅ワークの種類があるのですから、
何かしらできることがあるのではないでしょうか。

 

空いている時間を利用した副業として、
または失業して次の仕事が見つかるまでのつなぎとして、
あるいは家庭の事情で外に働きに出られない介護や子育て中の主婦の本業としても、
今や在宅ワークは欠かせない重要な勤務形態なのです。

 

在宅ワークはココ↓で見つかる!

関連ページ

ライター
在宅ワークの中で「ライター」について紹介
イラスト
在宅ワークの中で「イラスト」関連について紹介します。
データ入力
在宅ワークの中で「データ入力」について紹介します
オークション
在宅ワークの中で「オークション」について紹介します。
手作業系
在宅ワークの中で「手作業系」について紹介します。
在宅ワーク様々な種類の内職
在宅ワーク様々な種類の内職について